令和2年度普通第一種圧力容器取扱作業主任者技能講習について

令和2年度普通第一種圧力容器取扱作業主任者技能講習について

 

≪お知らせ≫

令和2年9月のボイラー取扱技能講習の受付を

7月15日(水)から開始する予定です。

日々状況が変わることから、受講申込受付開始後であっても

直前の開催中止となることも予想されます。

また、定員を縮小する場合もあります。

新型コロナウイルス感染症対策についてはarrow073 02コチラをご覧ください。

 

 

この講習は、圧力容器(化学設備を除く)の取扱い作業主任者に選任する資格要件を取得するための講習です。
講習時間は、12時間(2日間)の学科講習です。

 

普通第一種圧力容器取扱作業主任者技能講習の日程及び申込み方法等はこちらをご覧ください。

令和2年度普通第一種圧力容器取扱作業主任者技能講習の実施要領及び申込方法

 

令和2年度ボイラー取扱技能講習について

令和2年度ボイラー取扱技能講習について

 

≪お知らせ≫

令和2年度ボイラー取扱技能講習の受付を開始しました。

日々状況が変わることから、受講申込受付開始後であっても

直前の開催中止となることも予想されます。

また、定員を縮小する場合もあります。

新型コロナウイルス感染症対策についてはarrow073 02コチラをご覧ください。

 

 

この講習は、小規模ボイラーの取扱い業務に就く資格を取得するための講習です。
講習時間は、14時間(2日間)の学科講習です。

 

ボイラー取扱技能講習の日程及び申込み方法等はこちらをご覧ください。

令和2年度ボイラー取扱技能講習の実施要領及び申込方法

 

令和2年度ボイラー実技講習について

令和2年度ボイラー実技講習について

 

≪お知らせ≫令和2年6月24日

令和2年8月31日~9月2日実技講習の受付を

令和2年7月1日(水)から開始します。

受付開始後、受講申込人数が最少実施人数に満たない場合は開催中止となり

令和2年11月6日~11月8日へ受講日の振替をご案内する場合があります。

 

≪お知らせ≫

令和2年度の講習は、新型コロナウイルスの影響で

予定を変更する場合があります。

日々状況が変わることから、受講申込受付開始後であっても

直前の開催中止となることも予想されます。

新型コロナウイルス感染症対策についてはarrow073 02コチラをご覧ください。

 

 

ボイラー実技講習は、二級ボイラー技士の免許交付要件となる講習です。

 

『二級ボイラー技士免許』を取得する場合、学科試験の受験資格は不要ですが、免許申請の際に「学科試験合格通知書」及び「実務経験等を証明する書類」の2種類の書類添付が必要です。

ボイラー実技講習を修了することで実務経験を得ることができるため、学科試験合格後に免許を申請・取得することができます。

 

ボイラー実技講習は、二級ボイラー技士免許試験受験の前後どちらでも受講できます。

二級ボイラー技士免許試験を受験する前に講習を受講することで、学科試験合格後は速やかに免許申請の手続きを進めることができます。

 

講習時間は、20時間(3日間)です。

 

ボイラー実技講習の日程及び申込み方法等はこちらをご覧ください。

 

令和2年度 ボイラー実技講習の実施要領及び申込方法

 

  • 鹿児島支部について
  • 各種講習のご案内
  • 図書のご案内
  • 鹿児島地区出張特別試験のご案内

LINK

  • 本部ホームページはこちら

    一般社団法人日本ボイラ協会
  • 免許試験はこちら

    九州安全衛生技術センター
  • ボイラー関係検査・検定はこちら

    鹿児島駐在事務所
  • 免許申請手続きはこちら

    免許申請の手続き

このページのTOPへ